体重と減量について

体重など目方を少なくする行為が減量です。減量という言葉で連想するのは、ボクシングのために選手がサウナや食事制限で体重を減らすことではないでしょうか。ボクサーの減量は非常に苦しいもので、ギリギリまで食事量を減らしたり汗をかいたりしています。体重制限のあるスポーツをしていない人などは、そこまでの減量に取り組むことはありません。ボクシング選手の場合、減量の土台となる体が既に出来上がっているともいえるでしょう。そもそも普段からの鍛え方が異なる以上は、多少は体を使っているとはいっても減量に持ちこたえるだけの体があるとはいいきれません。また、この場合短期間で大幅に体重を減らすことになるため、その後のリバウンドが起きやすくなります。多くの場合、一旦体重を減らしたら元に戻ることはなく、ずっと減らした体重を保ちたいと考える人が多いはずです。減量後のリバウンドを防ぎたいのであれば、体重の増減が何で起きるかを知ることから始めましょう。合わせて自分の食生活や、運動などを取り入れる体に負担を掛けない健康的な減量方法がやはり効果的なのです。久しぶりに体重を計ったら、体重が増えていたと言う事は誰しもあるものです。太るようなことをした覚えは一切ないのに、事実として脂肪が増えて体重が増していたということもあるといいます。体にいい食事や運動を普段からすることによって、減量の必要のない適正体重をキープし続けることが理想的な状態といえます。http://www.gaopeite.com/