減量と体重が増えるメカニズム

効率的な減量を行うためには、どのような仕組みで体重が増えるのかを理解することが大事です。脂肪が増えることで体重が増えますが、それは運動などで使うカロリーより多くのカロリーを食事などで取り入れたためです。体内で使うことができなかったぶんのカロリーは、体外に排出されずに脂肪として貯め込まれます。これが体重増加の原因になるとというシンプルな仕組みです。減量を効果的にすすめる為には、消費エネルギーが摂取エネルギーを超えるようにすれば、体重はおのずと減ることになるのです。体内に取り入れた食事をカロリーに換算したものが、摂取カロリーとなります。消費カロリーとは、一日の運動や活動で必要となったカロリー量と、基礎代謝という体温維持や心肺機能、内臓の活動のために必要とするカロリー量の総量となります。基礎代謝とは、使うエネルギーの約70%に達しているといいます。減量を成功させるには、基礎代謝をアップさせるといいでしょう。食事制限によるダイエットを一定期間続けているという人は、カロリーの低い食生活に体が慣れて基礎代謝の低い体質になってしまっているということがあります。ダイエットを続けているのに思うように減量が進まないという場合は、基礎代謝をたかめるため運動やたんぱく質の摂取を心がけましょう。基礎代謝をアップさせる事に注意すれば、ダイエットの効果が出てくると考えられます。基礎代謝が高まれば、安静にしていてもカロリーが消費されていき、減量が進んでいきます。http://www.mistressastrid.com/