痩身と脂肪

痩身と脂肪というのは、深くつながっています。脂肪が燃焼しやすい体質になることで、運動によるダイエット効果が高まり、健康に配慮した痩身ができるようになります。痩身の敵である脂肪というのはなぜ体につくのでしょうか。脂肪なんて体につかなければいいのに、と考えながら痩身に励んでいるという人も少なくないようです。脂肪の役割は意外にもたくさんあります。人間の体は脂肪におおわれているために体温が保たれています。またいざという時のエネルギー源にも、たんぱく質の貯蔵庫にもなっています。脂肪が急激に減少することは望ましくないため、急激な痩身を行うと反動で停滞期やリバウンドといった現象がおきます。痩身などを目的に食事を減らした場合、体は少ないエネルギー供給でも生命維持かできるようたんぱく質やエネルギーを使わないようにします。いわゆる低消費モードにしてしまう事が、体重を落とすのを遅くするわけです。女性の生理が順調に行われるよう機能しているのも脂肪です。いくぶんは脂肪が残るような痩身をしなければ、体重を減らすことができても体の調子を悪くしてしまうでしょう。脂肪は体にとって必要な部位ですので、痩身に取り組む時にはその点に配慮する必要があります。http://chu-shidoki.com/